商品系列: 天目杯

茶人都有自己的私杯,而且還不止一個。老茶人自不用說,他多年在茶中浸潤,有一套自己選杯的眼力。精心挑選茶具,纖細而雅的茶勺、粗礪仿如歲月痕跡的鐵釜、沉穆而見星華的建窯、溫潤如玉的汝窯、變幻無窮的天目……然後燃香,提壺,煮水,再到捧起茶碗,看著那清澈碧綠,偷得浮生半日閒。喜歡天目作為私杯的人最多,最初想,大約是因為它的炫目、張揚。習茶漸深才知,這大概是最表層的原因,更深層上說是因為它的變幻無常。不過它出窯的那一刻,永遠不知道它的模樣。 天目杯含有豐富的鐵元素,用天目杯喝水,可以使水更清甜,如果用來喝茶,可以降低茶鹼的刺激,使茶湯更柔和,尤其是普洱茶,可以讓茶湯更醇厚,回甘表現得淋漓盡致。 「天目」古稱建盞,是宋代名瓷之一,相傳宋元時期浙江天目山佛寺林立,日本禪僧多到天目山留學求法,回國時常帶回天目山寺院中所用的建窯黑釉盞,因此這類茶盞就被稱為「天目」。但目前技術還是日本匠人們的技巧好美感佳。

天目釉一辭來自於浙江杭州的天目山,此山形狀如兩目,在臨安縣稱東天目,在潛縣稱西天目,其間禪院甚多,在宋元時期,由於接待日本西渡中國的學僧僧團,寺內所使用的黑釉茶盞,便傳至東瀛被日本人稱為天目,而當時中國人風雅的建安鬥茶,也在日本轉化為日本茶道。宋代飲茶以黑釉盞為主,盞是一種小型的碗,敞口小足,當時流行鬥茶,北宋末期徽宗趙佶常與臣屬鬥茶,上行下效,天下風行。

建安鬥茶是將建安一種半發酵的白茶放入碗內沖上開水,觀其茶色以青白者為貴,黃白者次之,因青白者受水詳明,黃白者受水昏重;其次茶湯,以茶湯先在茶盞周圍沾染水痕為負,這種白茶因含有黃色染精與膠質,時間久了茶湯便會在盞內染成一圈水痕,而茶色既然為白,當然就以黑盞為宜,尤其又以兔豪與鷓鴣班盞為鬥茶家所珍愛。蘇東坡曾云:“道人繞出西屏山,來試點茶三昧手,勿驚午盞兔毛斑,打出春甕鵝兒酒”。

「天目(てんもく)」というこの言葉は、中国浙江省の杭州にある名山「天目山」から伝来されるものです。この場所は道教と仏教の聖地とされており、山の形が二つに分かれていて、臨安県に位置する側を東天目(ひがしてんもく)と呼び、潜県にあたる側を西天目(にしてんもく)と呼んでいます。その中間には禅宗の寺院が非常に多く、宋の時代(960~1279)に、日本から西の方角にある中国へ渡った学僧の団体を、寺院で使用している黒の釉のかかった杯でもてなしたため、日本人のお坊さんが東の方角に向かい日本へ戻る際、これを持ち帰ったのだといわれています。日本人はこの杯を「てんもく」と呼ぶようになりました。当時中国人が建安という場所で行っていた茶会(=茶の品質の優劣を競った会)は、非常に流行しており、そのお茶の競い合いは、日本でも日本式の「茶道」に変化を遂げました。宋の時代、お茶を飲むときには、黒い釉が施された杯(さかずき)が主に使用されていました。その杯は小型なもので、口は広く、底の部分は狭く小さいデザインです。当時流行していた茶会で、北宋末期の皇帝と家来の者が競い合い、これをきっかけに皇帝以外の人々も茶会へ参加するようになり、社会全体に一斉に広まっていきました。建安にある一種の半発酵のお茶は白く(白茶=はくちゃ)、この白いお茶を黒い杯に注ぎいれることで、お茶そのものの色をはっきりと映し出すことができます。黒い杯を使用する理由はここにあるのです。当時、黒の杯の中でも、火の熱によって作り出されるうさぎやきじに似た模様がある杯が、一番愛されていたようです。

4 項產品
  • 日本名師 木村好博 油滴天目 ぐい呑み 茶酒兩用杯
    定價
    $12,000
    售價
    $12,000
    定價
    單價
    每 
    售罄
  • 日本茶道 櫻花天目盃 風銘 茶酒兩用杯
    定價
    $6,000
    售價
    $6,000
    定價
    單價
    每 
    售罄
  • 天目酒器一壺二杯 罕見美品
    定價
    $30,000
    售價
    $30,000
    定價
    單價
    每 
    售罄
  • 日本文化勳章賞 青木龍山 油滴天目杯 ぐい呑み 茶酒兩用
    定價
    $40,000
    售價
    $40,000
    定價
    單價
    每 
    售罄